Brothertiger

Brothertiger


この間、友人が言い放った一言にひどくショックを受けました。

「このご時世、チルウェーブはもう下火だ」

な、なんですって・・・?
チルウェーブが下火・・・?

Washed OutとかToro Y MoiとかNeon IndianとかTeen DazeとかSlow MagicとかSmall Blackとか、
皆あんなに大好きだったではありませんか。
もうそんなのを聴いている人はこの世に一人もいない・・・とでも言うのだろうか。

そんな世知辛いご時世(友人談)ですが、
皆さんのチルい心を再び燃え上がらせるチルチルしいアルバムのご紹介です。

アメリカはオハイオ出身John Jagosのソロプロジェクト・Brothertiger。
1st ALの「Golden Years」(2010)は、最盛期だったチルウェーブの波に乗って注目されたので、
前述のミュージシャン達と並んで彼のことを知っている方もいるかもしれません。
そのBrothertigerが昨年リリースした3rd AL、「Out of Touch」。

Brothertiger – Beyond the Infinite

もう、ノスタルジー!!!!!
レトロなシンセにシンプルながらも心地良いビート、切なくもどこか温かいボーカル。
かと言って、時代錯誤なもろ80年代サウンドではなく、非常にバランスがいい。

Brothertiger – Drift

聴いてください、このままクロノトリガーの「時の回廊」が流れるんじゃねえかみたいなイントロ。
浮遊感どころの騒ぎではありません。開始3秒で心鷲掴まれました。
これぞ!という極上のチルウェーブです。

どうですか、皆さん、チルウェーブを見捨てるにはまだ早いという気持ちになってきませんか?。

冗談抜きで全曲シングルカットできるんじゃないかという、
チルウェーブを代表する新たなアルバムなんじゃないかなと。

Brother tiger Official Website

Categories