その他の短編ズ「BBB」

その他の短編ズ「BBB」


いまだに僕の兄弟は3人ともボウズ頭にキャップ(時どきニューエラ)で、基本的にオーバーサイズのズボン(今もディッキーズ履いて原稿書いてる)、最近だとコンバースのオールスターが玄関に3足並ぶような(前までナイキだった)、筋金入りのビーボーイズなのは最初にことわっておきます。

名前が最高に気持ちのいい、女の子フォーク・デュオ「その他の短編ズ」の「BBB」(ビーボーイバラードの略)。その素朴なビーボーイへの憧れ(?)を小さな声で話すように歌うのはすごく新鮮です。

「見た目だけビーボーイなのは最低 でも中身だけビーボーイでも 誰にも気づいてもらえない 誰にも気付いてもらえやしない」

ビーボーイについて夏休みの調べ学習をして、知識やそれからまつわる考察を淡々と調べて発表しているみたいにも聞こえるけど、そのまっすぐなビーボーイへのまなざしは、東京生まれHIPHOP育ちの悪そうなやつにも届くのではと。

オススメです。もちろん、その他の曲も。

「ビーボーイでもガールでもどっちでもいいから とにかくビーなんとかになりたい」

 

First, let me notice that my two brothers and I are still dyed-in-the-wool B-boys with a cap (sometimes New Era) on a shaven head, oversized pants (even now I’m writing the article wearing Dickies,) and three pairs of Converse All Star (used to be Nike) at the entrance.

“BBB”  by a girls folk duo “SONOTANOTANPENZ” whose name sounds tender, is short for “B-Boy Ballad,” and it sounds fresh to hear a song of a pure longing for B-boys (?) in whispers.

“Guys who are only B-boy-looking suck. But no one notices guys who are only B-boy-minded. No one notices.”

It is like a presentation based on their knowledge and a study led by their summer vacation research project about B-boys. However their straight look on B-boys might grab gangster-looking guys’ hearts who were born in Tokyo and grew up with Hip Hop.

Strongly recommended . Of course, their other songs as well.

“Either B-boy or B-girl is fine. I want to be a B-something anyway.”

yong/見旬

Categories