Shuta Hasunuma

Shuta Hasunuma


1983年生まれの天才発見ですよ。皆さん。
音のパーツひとつひとつがとてもかわいらしく、結果、曲全体も非常にやわらかい内容に仕上がっています。
擬音語でいうと「ふわふわ」とか「もこもこ」とか。。。いや、わからないか。
繊細な音のラインが何本も重なって構成されているようで
全体を聴くととてもすんなり耳に入ってくる。なんなんでしょう。この感じ。

多分、今晩あたり全曲大人買いですよ。
これは本当にいい!
via:FMusic