刺猬 – Hedgehog (from 北京)

刺猬 – Hedgehog (from 北京)


日本も何かとイベントが多い春。北京や上海でも、大イベントが多く開催されています。北京・上海での大きな音楽フェスに常連のインディーズバンドの中でも、私のイチ押しは“刺猬”!中国語でハリネズミを意味するので、英語ではHedgehogと呼ばれています。※中国のバンドには、だいたい中国語名と英語名が存在します。

そして、おそらくyum. 初の中国動画サイトyoukuのビデオでの投稿!うまく見れますでしょうか?youkuの動画はブツブツ切れてしまうのがお決まりですので、少し待ってから見ていただければ幸いです…。見れない場合、待ちきれない場合は、彼らのBandcampからどうぞ!

追記(4/21): Converseのレコーディング支援プロジェクトに彼らの動画を見つけたので、トップ動画をYouTube動画に差し替えました。

>ニューアルバム『Sun Fun Gun 阳光、欢乐、枪。』

http://hedgehogrock.bandcamp.com/album/sun-fun-gun

 

刺猬(Hedgehog)は、3ピースバンドで、全員が1983年うまれ。北京大学在学中に誕生したバンドです。最近はピコピコ系、4つ打ち、ディスコパンク・ディスコロックが多い中国音楽シーンですが、彼らは王道のグランジロック、シューゲイザーのような音をやっています。
それが逆に新鮮で、かつ、たった140cmぐらいの小柄なドラマーの女の子、Atomが叩くドラムがパワフル。彼女はドラムを叩きながら歌います。それもまた、女から見てもかわいいし、かっこいい。かと思えば、Gt&VoのZoは、ライブでは自由にノイズをかき鳴らし、思う存分遊びます。そして、Zoの遊びをしっかり支えるFunのベース。ライブを見れば、3人がすごくしっかり曲を作って打ち合わせをして練習していることがわかるし、今の中国インディーシーンを担う頼もしいバンドです。

 

私はちょうど昨年の今頃、香港で刺猬(Hedgehog)のライブを初めて見ました。まったく名前も知らなかったし、まったく期待していなかったのですが、ライブを見てびっくりしました。「中国にも、こんなにかっこいいバンドがいたのか」と。私がアジアのアンダーグラウンドにはまったのは、彼らがきっかけかもしれません。

 

なんと彼らは今までに二度USツアーもこなしていて、アメリカにはファンもいくらかいるようです。
中国のバンドは、実はアメリカツアーやヨーロッパツアーによく行っています。いつか日本でもライブして欲しいものです。いえ、いつか私は中国やアジアのバンドのパーティーを、実現させたいと思っています!

 

そして、刺猬(Hedgehog)は現在新しいアルバムを引っさげて中国・香港ツアー中!もしお近くに滞在される方、ぜひ、中国のアンダーグラウンドを覗きにいってみてください!

刺猬(Hedgehog)オフィシャルサイト

http://hedgehogrock.com/

刺猬2012全国巡演 Hedgehog 2012 CHINA TOUR
04.20  广州(広州) 凸TU空间
04.21  深圳 (深セン)根据地
04.22 香港 Hidden Agenda
06.16  北京 愚公移山

 

こちらは新曲のMV。こちらは彼らのなかでは珍しい明るいストレートな疾走ロック!アメリカツアーで進化を遂げた彼らの今後の活躍が、楽しみです。

 

追記(4/21):ちなみに、今回トップ動画に載せたConverse Ruuber Tracksとは、Converseがバンドを公募し無料でレコーディングしてくれるというプロジェクト。レコーディングしたいバンド・アーティストを随時募集しているようです。中国のバンドも最近よくラインナップされます。