kumisolo – My Love For You is A Cheap Pop Song

kumisolo – My Love For You is A Cheap Pop Song


Happy Valentine’s Day !

1年でたった1度の甘酸っぱいきょうの日にぴったりの1枚をご紹介しますよー。パリからご紹介します、フランスでインディペンデントな活動をされている日本人アーティスト、Kumi Okamotoこと、 kumisoloです。

 

The Konki Duetという仏日露の女性3人グループの(トリオなのに”ドゥエット”?)メンバーの1人であるKumi Okamotoのソロプロジェクトが、その名もkumisolo。フランスの地をえらび、彼女独自のスタイルで活動を続けるkumisoloのエネルギーは一体どこから沸き上がってくるのだろう?2年ぶりの帰国となるらしい昨年・秋のイベントで、心からそう感じるとともに大変魅了されました。かわいいとか、女の子とか、チープを越えてみえてくるもの。彼女こそ正真正銘の「ポップ」なんだと。すごくパワーをもらえますね。

 

そんなkumisoloが日本でもリリースしているアルバムが “My Love For You is A Cheap Pop Song”。自身のオリジナル楽曲に加え、The Waitresses – ♫ I Know What Boys Like や、80年代のテクノポップバンド ジューシィフルーツ – ♫ 恋愛タクティクスをカバーしたり。また彼女のSoundCloudページでは(こちら *)ミックステープ、ちょっとアンオフィシャルなお遊びカバーソングが聴けたりして楽しめる。

 

My Love For You is A Cheap Pop Song

 

そして先ほども述べた通り、kumisoloの活動は多岐に渡り、実は歌手やライブ活動のみならず。先週末のyum radio weekendでもご紹介したフランスのウェブtv、KONBINI内の日本文化を紹介する番組、”BENTO BOX”のMCや音楽を担当したり、またフランスでの東日本大震災チャリティイベントmini don grande donのプロモーションや参加なども。日本での所属レーベルはこちら、flau  もっとkumisoloを知りたいかたはどうぞ。それではkumisoloの甘酸っぱいラブソングとともに、すてきなバレンタインデーを!