mito “DAWNS”

mito “DAWNS”


クラムボンのmito氏が明日リリースするソロ名義のAL“DAWNS”が素晴らしいったら、ハンパない。 様々なジャンルにトライしている彼が通過した、エレクトロニカ、ポストロック、そして意外なのがジャズの要素が強い。 とてもストレートな作品でもあるように思う。 Art workはtymoteさんです。 ピアノソロが急に始まる曲や、とびきりポップなロックを歌い上げる。 インストと歌ものが交互になっているのにも注目したいところ。 クラムボンのファンならずとも、全世界の音楽ファンに聴いていただきたい1枚! ototoy interview

参加アーティストが豪華すぎるので、下記にまとめて。 こんなメンツ揃ったとこ見たこと無いです! 共同レコーディングに美濃隆章(toe)、マスタリングに砂原良徳、演奏他参加では柏倉隆史(toe)、徳澤青弦カルテット、コトリンゴ、Ametsub、agraph、haruka nakamura、Uyama Hiroto、益子樹(ROVO)、斉藤哲也(UooB)が参加。 さらに、 作詞では盟友である磯部正文(ex HUSKING BEE)、細美武士(the HIATUS)、 中川翔子や平野綾などの作詞・楽曲提供で活躍中のmeg rock(メグロック)、 そして、対訳にパーソナリティのクリス智子が参加。