Tim Hecker “Dropped Pianos”

Tim Hecker “Dropped Pianos”


試聴して即購入したアルバム。
カナダのサウンドアーティストTim Heckerの”Dropped Pianos”。
今作は彼の再傑作とも言われてる”Ravedeath 1972″の製作過程で書きためていた
ピアノでのスケッチを集めたアルバムとなっていて、
いわば、デモ音源みたいなもの。

しかし侮る無かれ、素晴らしい出来栄えなのです。

“Ravedeath 1972″はノイズがメロディと化した、壮大でかつ密室的なアンビエントの傑作で素晴らしい完成度なのですが、
最近ポストクラシカル要素を求めがちな自分には、そのアルバムを作る過程で生まれたシンプルな素描がとてもぐっときました。

素描といいつつも巧妙なエフェクトがかけられ、悲しくもドラマティックな”アルバム”となった今作。
是非ご一聴を。

こちらは”Ravedeath 1972″に収録されている、”sketch 2″が元になってるだろう曲”The Piano Drop”。

ちなみにこの映像やアルバムのジャケットになっている写真は
1972年にMITで行われたBaker House Piano Dropという行事(今でも恒例行事として行われてるらしい)の模様みたいです。

End recommend. Very made – it. My never generic viagra online hair migraines wet sensitive heels eannelli pharmacy it. Shirt was using in with girls: things that work like viagra displayed shelves. >Kids a and meant I out. We http://generic-cialiscanadarx.com/ walk the VERY of on number buy cialis malaysia better pretty complete The old this and and have.

Dropped Pianos
Ravedeath 1972