5 songs “村松浩二(ART ROCK NO.1)”

5 songs “村松浩二(ART ROCK NO.1)”


your unknown music 新企画「5songs」は、コントリビューターが気になる職種様々な人のオススメの音楽を聴いて巡る特集。
「今、あなたのオススメな5曲を教えてください」というシンプルな質問だけ。
しかし、セレクトされた楽曲から、気になるあの人たちの人間性や歴史が見えてくる。
本当に音楽って、その人を表しますね。第3回目は京都三条麩屋町通りのCD・レコードショップ「ART ROCK NO.1」店主 村松さんにお聞きしました。

“lost souls (feat. radical face)” / miaou

ポストロック好きなら知らない人はいないでしょう。東京の男女3人組バンドmiaouの現時点での最新アルバム「The day will come before long」より、米・シンガー・ソングライターRadical Faceをフィーチャーした叙情的で美しい1曲。ノスタルジックで不思議な世界観が描かれた映像は音楽家としても高い評価を受けるSet In Sandのマットによるもの。この共演がきっかけなのか今年3月に「miaou & Radical Face Japan Tour 2012」の開催も決定。 こちらもチェック!
http://www.inpartmaint.com/lirico/radicalface_miaou_tour2012.html


“LANDSCAPE WITH A FAIRY” / ASPIDISTRAFLY

日本はもちろんのことシンガポールやマレーシア始めアジア圏のエレクトロニカ~アンビエント音楽は、欧米と比べてもかなりレベルが高いと思います。そんなシーンの中心的存在として幅広い活躍を見せるシンガポールの男女デュオASPIDISTRAFLY。この曲はストリングスやピアノを繊細かつ大胆に取り入れたセカンドアルバム「A Little Fable」からの美しすぎるアンビエント・フォーク。ノスタルジックな映像も素晴らしいですね。


“K is for Kelson” / Bibio

かなりヒットしたのでご存知の方も多いはず。ワープへと移籍して一気にブレイクしたBIBIOの一番キャッチーなナンバー。いつもチャレンジしてる感のある斬新な切り口のサウンドとすごくポップなメロディーとのバランス感覚はホント、この人は絶妙だと思います。


“Last Christmas (Seiho Remix)” / Anika

ちょっと季節はずれなんですが、最近ぼんやりと見つけた1曲。大阪を拠点に活動中の若手エレクトリック・ビート・メイカーSeihoによる勝手にリミックス作品。ダブステップとウィッチハウスをミックスしたようなかなり今っぽい仕上がりになっていてセンスの良さを感じます。最近、自身のレーベル「Day Tripper Records」も始めて、そこからデビューアルバム「Mercury」をリリース。こちらもかなりおすすめです。


“Air on the G string” / Musette

スウェーデンの音楽家、ミュゼットが起用された家具メーカーIKEAのCM曲。日本ではまだまだ無名の存在かもしれませんが、自国ではとっくに有名人なんでしょうか・・・。親戚から譲り受けた古いカセットテープの音源を使うといったなかなかユニークな手法で、ノスタルジーに満ちた穏やかで温もりのある音楽を奏でています。今年の1月にリリースされたセカンドアルバム「Drape Me in Velvet」も本当に素晴らしい作品だと思いますので是非とも聴いてみて下さい。

 

 


村松浩二 / 京都のCDレコード・ショップART ROCK NO.1の店主

1996年にお店を始めてかれこれこの道15年。三条麩屋町通りの現在の店舗は2004年から。インディー・ミュージックを中心とした新譜から、お客さんからの買い取りによる中古盤まで、一見セレクトショップと思わせつつも実は何でもやってます。昨年2011年にはCDを中心にピックアップしたセカンド・ウェブショップikoiotoをスタート。また、海外アーティストを招いたライブイベントSPECIAL ARTも年に何度か開催しています。

http://www.artrock-1.com
http://www.ikoioto.com
http://specialartkyoto.tumblr.com/