AIR “Painted Love”

AIR “Painted Love”


ジュエリーブランドのカルティエは2007年より、”Love”コレクションのテーマである”How far would you go for Love?”という問いをさまざまな世界的アーティストに投げかけ、その答えとして作品制作を依頼するというプロジェクトを展開してきた。
ルー・リードやフェニックス、坂本龍一らも参加したこのプロジェクトの2011年度のアーティストに選ばれたのは、フランスのミュージシャンAir(エール)と映像制作グループWaverly(ウェイバリー)です。


『Pained Love』、映像も音楽も実験的でありながらエモーショナルですばらしい。
数々の映画に楽曲を提供してきた、彼らが手がけた今回の試みは、要チェックですよ。

メイキングムービーはこちらから。
http://www.love.cartier.jp/#/clip/behind_the_scene–

Love 2