「このまま、いつかやめてしまうのはいやだ」bacho

「このまま、いつかやめてしまうのはいやだ」bacho


僕がbachoを初めて見たのは、大阪のアメ村にあるhokageという小さなライブハウスだった。

その時のイベントは、ゴリゴリのハードコアイベントで、bachoとはあきらかに音楽性が違う

バンドばかりだった。

目当てのバンドは見たし、ちょっと聞いたら外に出ようと考えていたけれど、

ひとたび演奏がはじまると会場はシンガロングの嵐で、僕は一瞬で巻き込まれた。

bachoの活動範囲は広く、アンダーグラウンドからメジャーグラウンドまで、すべてを許容する。

全身全霊でたたきつける等身大の儚さには、どんなジャンルにも定義されない強さがある。

兵庫を拠点に活動する、bachoは昨年のフジロック、ルーキー・ア・ゴーゴーで初日のトリをつとめた。

 

 

 

公式HP